ゴミマジック/業種別導入の手引き

業種用の生ゴミ処理装置の導入を考えた際に、業種ごとに、どういった点に留意するべきかをまとめてございます。
それぞれの業界ごとに、導入の際にはノウハウが必要となりますので、導入をご検討の際には、是非ご相談ください。



食品メーカーの場合

食品メーカーの大きな特徴は、同一種類の食品加工の残渣が大量に出る傾向にあることです。
食肉加工の場合、肉の残渣が、水産物加工であれば魚などの残渣が、生ゴミの9割以上を占めることになるでしょう。
特に魚などは、臭いがきついので、臭気への対策も必要となります。
また、生ゴミを処理しきれない場合に、腐敗が発生し、衛生環境への悪影響も心配されるため、常に処理が可能な範囲を考える必要があります。

●導入時に注意するべきこと

  • 同一種類の加工残渣を処理できる機械を選定することが必要。

  • 臭いについては、テストを行い、効率がいい処理の模索をする。また、同時に脱臭装置など、臭気に対する対策を検討する。

  • 24時間操業の場合は、生ゴミの投入の時間配分について考慮する。

  • 飼料化できる残渣が多いので、生ゴミを堆肥に変換できる可能性があり、結果として、生ゴミの分量を減らすことが可能。

  • 汚泥処理の必要があるので、汚泥処理に関するノウハウをどうするのかは、最初の検討項目に入れる必要がある。

お問い合わせください



飲食店への導入の留意点

飲食チェーン店は、店ごとで生ゴミを処理するのか、一括で生ゴミを集めて処理をするのかによって、処理方法や業務用生ゴミ処理装置の規模が違います。
各店ごとでの処理の場合、店のスペースの問題や周辺地域への環境への配慮など、課題が多くあります。
また、食べ残など、残飯が生ゴミの中心になりますが、生ゴミの中に、分別せねばならない種類のゴミが混入しないように、徹底管理が必要になります。

●導入時に注意するべきこと

  • センターで一括して生ゴミを処理する場合には、保冷機能付き専用運搬車が必要。
    食材を運ぶ車両を共用するのは望ましくない。

  • すぐにセンターに運べない場合は、腐敗しないように店舗で冷蔵庫に保管する必要がある。

  • 各店ごとで処理を行う場合は、処理の過程全てをアルバイトでも解るように、作業マニュアルをつくり、管理する。

  • ゴミの分別が徹底できるよう、工夫が必要になる場合がある。

お問い合わせください


飲食店への導入の留意点

ホテルなどの大きな宿泊施設から出る生ゴミの種類のほとんどを占めるのが、宿泊施設を利用し、そこでの飲食をした際に出た残飯です。
これら宿泊施設は、暦によって宿泊客に増減があるので、出るゴミの量が一定しません。
又披露宴、忘年会、同窓会などの大きな集まりがあった場合、季節の食材の内容も変動し、生ゴミの内容物が変わることが多いのも特徴です。

●導入時に注意するべきこと

  • 生ゴミの種類が多岐に渡るので、ゴミの分別を徹底する必要がある。
    又、繁忙期でも、きちんと分別が出来る体制を組めるような仕組み作りが大事。

  • 生ゴミの処理量に変動があるため、トータルで考えるとコストが高くつく場合もありうる。
    生ゴミの処理の段取りとして、リサイクル会社などとの提携を考えた方が、コストパフォーマンスがいい場合もあるので、幾つかの組み合わせを想定する。

  • 生ゴミ処理装置を導入して、環境への配慮を図っているという経営姿勢を、宿泊客に対してアピールできるが、そのプレゼンテーションの形に工夫をする。

  • 揚げ物が多い際には、その油の残留分がきちんと処理できるように注意が必要。

お問い合わせください


飲食店への導入の留意点

学校などの教育施設の場合、生ゴミの殆どは給食の残飯になります。
学校給食の殆どは一日一回ですので、学校の規模で分量も平均的に排出されるので、処理する量が大きく変わることはありません。 。
又、生ゴミ処理装置の性質上、コスト重視ではなく、児童への環境教育への啓蒙の意味で導入する学校もあります。

●導入時に注意するべきこと

  • 学校の規模で、排出される生ゴミの量が決まってくるので、処理量の増減の大きな変動の心配が要らない。

  • 比較的小型の機械を中心に検討していくことになる。

  • 学校の敷地内に設置するので、児童らへの安全面への配慮が必要になる。

  • 学校が長期に渡って休む時期(例えば夏休みなど)には、機械の稼動が休止するため、休止期間のメンテナンスや、稼動期になった際に、すぐ対応できるように注意する。

  • 生ゴミ処理装置の種類によっては、堆肥などが出来るものもあるが、それらは学校での授業の一環での栽培などに利用されるケースが多いので、その後の処理は、あまり心配する必要は無い 。

お問い合わせください


飲食店への導入の留意点

病院から排出される生ゴミは、入院患者の食事の残飯や、院内の飲食施設の残飯が主になります。
残飯には、ご飯類が多く含まれるのが特徴です。
病院での食事のサイクルが、朝食、昼食、晩食と、回数が多いので、リサイクル業者に回収を委託した場合、回収のサイクルや、腐りやすい時期などに、生ゴミを保管する必要が出てきます。
その場合、不衛生になったり、腐敗臭対策も兼ねて、業務用生ゴミ処理装置を導入するところが増えています。

●導入時に注意するべきこと

  • ご飯類などの炭水化物が処理量を圧倒的に占めた場合、うまく処理することができないことがあるので、装置によっては注意が必要になる。

  • 病人食には、汁物が多めになる傾向があるため、水分の減量を考慮して処理する必要がある。

  • 処理する際に、間違って薬が混入しないように配慮しなければならない。

  • 病院施設から出るという特殊性のため、生成物が敬遠されることもあり、外部流通が厳しいことが想定される。
    外部流通への安全性の確認作業のために、コストが高くつく場合がある。

お問い合わせください