ゴミマジックは、何故環境に優しいのでしょう?

通常、生ゴミの処理は焼却方式(つまり燃やす)での処理になります。

処理場に運搬車で運ばれて焼却されますが、焼却時や運搬車から出るCO2はもちろん、人体に有害な物質である、ダイオキシンや、焼却後の灰の埋め立て問題など、

ゴミを燃やして処理することが、環境に及ぼす影響は様々です。

「ゴミマジック」は、バイオの力でゴミを「発酵」させて「分解」し、「水」と「炭酸ガス」に変えて、生ゴミそのものを「消滅」させてしまいます。

微生物を解して、発酵→分解→消滅

この過程でCO2の削減を図り、環境保護に貢献できます。
エコバイオの仕組み


環境破壊を起こしません


販売代理店募集





処理可能なものとそうでないもの